家族を守るもっと安心でもっと強い家

かけがえのない「家族」と大切な「財産」を地震や台風から守ります。

耐震補償付きスーパーストロング構造体バリュー

世界で起こる巨大地震の5回に1回は、日本で発生しています。特に近年、地震が勃発し、家づくりにおいて地震対策は重要な課題となっています。
「スーパーストロング構造体バリュー」は、耐震設計により一般的な木造軸組住宅の耐震性能を高め、万が一地震の揺れで住まいが全壊した場合も、最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する「耐震補償付き」で、地震に負けない暮らしをサポートいたします。お客様が現在検討中の外観や間取りをそのままに、地震への安心をプラス。これからの「安心基準」としてぜひご検討ください。

安心基準 その1

「耐震等級3」相当の強さを実現

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」は、
最高等級・建築基準法の
1.5倍の耐震性です。

消防署や警察など防災の拠点となる
建物がこの基準に相当します。

※「耐震等級3」相当とは、トステム(株)が建物の構造の安全性に項目を絞りその性能を評価しているため、住宅性能表示とは区別して表示したものです。

「耐震等級3」相当の強さの理由
壁が強い
建築基準法

建築基準法では、2階の形状や大きさにかかわらず1階の壁の量は一定です。

※1階の広さにより必要な壁の量を算出します(見付面積で算出する場合もあります)。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの家は、建物の形や大きさに応じて必要な壁の量を算出するため、地震に強い家といえます。

 
床が強い
建築基準法

建築基準法では、床の形状や大きさにかかわらず補強方法は一定です。

※隅角に火打ち材(補強材)を使用します。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの家は、形状や大きさに応じて必要な床の量を算出し、不足している場合は補強を行うため、地震に強い家といえます。

基礎が強い
建築基準法

建築基準法では、地盤の強さに応じて基礎形式を選択するだけで、基礎配筋等の仕様は一定です。

スーパーストロング構造体バリュー

スーパーストロング構造体バリューの基礎は、建物の形状や大きさに応じて基礎を配置し、強度不足の場合は配筋の補強を行うため、地震に強い家といえます。

 

安心基準 その2

全棟「耐震等級3」相当を支える、設計検査体制

スーパーストロング構造体バリューでは、全棟「耐震等級3」相当を実現するために、公正で安心できる検査・補償体制を実現しています。建築会社・工務店が設計した図面を住宅性能表示制度基準に基づき、1棟ごとに構造設計CADシステムで「耐震等級3」相当を設計検査。検査後は、すべてのお客様に安心の証として、「設計検査報告書」を発行します。

安心基準 その3

住宅瑕疵担保責任保険に対応

住宅瑕疵担保責任保険法人が、 工事完了までに計2回の現場検査を実施します。
※瑕疵担保責任保険については、地震による損害は免責となります。

安心基準 その4

地盤調査の実施

スーパーストロング構造体バリューは、地盤調査の実施が必要です。

安心基準 その5

安心の仕様

■強靱でくるいが少ない「プレカット材」

工場で加工された柱や梁などは、高品質で一本一本強度を確認することができるため、高精度な構造計算を行うことが可能になります。また、工場でミリ単位の精度でプレカット加工された資材は、バラつきやミスがないため現場での施工精度も高まります。

■壁体内結露を防ぐ「外壁仕様/外壁通気層」

通気層は建物外壁の裏側に設けられ、外周部全体に施工されます。外壁下の隙間から外気を取り入れ、軒裏や棟から排出することで、壁体内に侵入した湿気を排出する役割を果たします。また、外壁の裏に侵入した雨水を排出する役割も果たします。

■高い精度と確かな施工性「テクノスター金物」

「テクノスター金物」は、柱・梁・土台の接合部分の強度が従来の在来工法と比べ約1.7倍強く、より大空間な間取りを実現できます。また、柱においても断面欠損が少ないので強度低下を防ぎます。

  • 接合部の強度を高める、信頼の品質
  • サビに強い
  • 耐用年数は110年以上
  • 施工時のミスを防ぐ、様々な工夫
軸組工法

柱・梁、柱・土台などを伝統的な仕口と補助金物によって接合

テクノスター金物仕様

柱・梁、柱・土台などを金物によって接合

 
■構造体を守る「シロアリ対策」

シロアリは北海道の一部を除く日本全国に生息しています。シロアリの被害は、地震による家屋の倒壊にも大きな影響を及ぼします。耐震補償の条件として、防蟻工事を定期的に実施し、白蟻防蟻保証を継続することが必要です。

安心基準 その6

耐震補償

万が一の震災時も安心な耐震補償

日本の国土面積は世界の0.25%ほどの大きさしかありません。しかし世界で起こる巨大地震の5回に1回が日本で発生しています。私たちは、これまでの地震災害を教訓に、耐震設計を用いた「スーパーストロング構造体バリュー」を開発し、さらに「耐震補償」を実現しました。万が一、地震の揺れが原因で「スーパーストロング構造体バリュー」で建てた住宅が全壊した場合、建替え費用の一部を最高2000万円まで負担します。
この「耐震補償」は、一般的によく知られている「地震保険」とは違い、品質保証の一環としておこなわれるものです。
私たちは、家を建てる前も、建てる時も、建てた後も住まいづくりの安心をお約束します。

耐震補償の期間

耐震補償の期間は、瑕疵担保責任保険の期間と同じく10年です。

詳しくはコチラ  10年補償についてはコチラ